公平性どこへ? 紅白版「AKB総選挙」に透けるNHKの迷走

公開日:

「公共放送がアイドルの格付けに加担していいのか」「参加型を言い訳にしすぎ」と今回のNHK紅白の目玉企画であるAKB48の紅白版総選挙について疑問の声が上がっている。

 AKBの全グループ総勢300人あまりから、48人を携帯電話とデータ放送を使って視聴者が投票する総選挙を実施するというものだが、「NHKがメンバーを選ぶ必要があるのか疑問」と芸能リポーターの川内天子氏もこう言う。

「AKB内で紅白に向けた総選挙をやるなら意味があるかもしれませんが、NHKが加担する理由が見当たらない。結局、AKBのファンが盛り上がるだけで一般の視聴者は不在。競争心をあおり、NHKらしい公平性、バランスを失っているように思えてなりません」

 熱心なファンは携帯、テレビ、さらに他の人の携帯まで駆使してひいきの票集めに走るだろうが、NHKのコア視聴者である高齢者には興味のない話。これで視聴者を取り込めると思うこと自体、考えが浅はかというしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る