飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

「それ行け師匠」 最下位ヤクルトも救急車も…それ行け!

公開日: 更新日:
ヤクルトスワローズ(C)日刊ゲンダイ

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。この文章を読んでる皆さんは、日頃から何かのファンだったり応援したりすることはありますか? 自分は野球だとヤクルトスワローズだったりするんですが、ほかにも応援といいますか、「それ行け!」と無条件に後ろ盾したくなることがあります。本日紹介するのは…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  4. 4

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  7. 7

    「ナギサさん」大森南朋が可愛すぎる家政夫にハマったワケ

  8. 8

    多部「ナギサさん」vs篠原「ハケン」働く女子に刺さるのは

  9. 9

    お笑い界は第7世代でスッタモンダ 足切り100組が路頭迷う

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る