矯正支援官をお役御免に 浜崎あゆみ“四十路目前”の現在地

公開日:

 浜崎あゆみ(38)が、刑務所や少年院を慰問する法務省の矯正支援官をお役御免となった。受刑者の更生を促すべく、15年にスタートした制度。その1期生だったが、任期中の2年間の慰問回数がただひとりゼロだったからだ。特別矯正監の杉良太郎は「スケジュールが合わなかったということ。全然怒ってないよ」とコメントしたそうだ。

 支援官はボランティアだし、慰問できなくても、何ら瑕疵はない。実際、浜崎は多忙なのだろう。音楽関係者が言う。

「左耳の聴力を失っていることを以前告白した浜崎は、このほど右耳の聴力の低下をファンクラブサイトに記し、ファンを心配させています。さらに、膝の前面を保護している膝蓋骨も悪化。アラフォーならではの不調や体形の変化もあるなか、リハビリを兼ねたトレーニングに打ち込み、仕事に当たっているのです。今年は5月から全国60公演を回る彼女初のロングツアーにくわえ、夏にはエイベックス恒例のイベント『a―nation』で通算14度目の大トリが待っていますからね。大忙しですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る