矯正支援官をお役御免に 浜崎あゆみ“四十路目前”の現在地

公開日:

 浜崎あゆみ(38)が、刑務所や少年院を慰問する法務省の矯正支援官をお役御免となった。受刑者の更生を促すべく、15年にスタートした制度。その1期生だったが、任期中の2年間の慰問回数がただひとりゼロだったからだ。特別矯正監の杉良太郎は「スケジュールが合わなかったということ。全然怒ってないよ」とコメントしたそうだ。

 支援官はボランティアだし、慰問できなくても、何ら瑕疵はない。実際、浜崎は多忙なのだろう。音楽関係者が言う。

「左耳の聴力を失っていることを以前告白した浜崎は、このほど右耳の聴力の低下をファンクラブサイトに記し、ファンを心配させています。さらに、膝の前面を保護している膝蓋骨も悪化。アラフォーならではの不調や体形の変化もあるなか、リハビリを兼ねたトレーニングに打ち込み、仕事に当たっているのです。今年は5月から全国60公演を回る彼女初のロングツアーにくわえ、夏にはエイベックス恒例のイベント『a―nation』で通算14度目の大トリが待っていますからね。大忙しですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る