矯正支援官をお役御免に 浜崎あゆみ“四十路目前”の現在地

公開日: 更新日:

 浜崎あゆみ(38)が、刑務所や少年院を慰問する法務省の矯正支援官をお役御免となった。受刑者の更生を促すべく、15年にスタートした制度。その1期生だったが、任期中の2年間の慰問回数がただひとりゼロだったからだ。特別矯正監の杉良太郎は「スケジュールが合わなかったということ。全然怒ってないよ」とコメントしたそうだ。

 支援官はボランティアだし、慰問できなくても、何ら瑕疵はない。実際、浜崎は多忙なのだろう。音楽関係者が言う。

「左耳の聴力を失っていることを以前告白した浜崎は、このほど右耳の聴力の低下をファンクラブサイトに記し、ファンを心配させています。さらに、膝の前面を保護している膝蓋骨も悪化。アラフォーならではの不調や体形の変化もあるなか、リハビリを兼ねたトレーニングに打ち込み、仕事に当たっているのです。今年は5月から全国60公演を回る彼女初のロングツアーにくわえ、夏にはエイベックス恒例のイベント『a―nation』で通算14度目の大トリが待っていますからね。大忙しですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  7. 7

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  8. 8

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  9. 9

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る