矯正支援官をお役御免に 浜崎あゆみ“四十路目前”の現在地

公開日: 更新日:

 浜崎あゆみ(38)が、刑務所や少年院を慰問する法務省の矯正支援官をお役御免となった。受刑者の更生を促すべく、15年にスタートした制度。その1期生だったが、任期中の2年間の慰問回数がただひとりゼロだったからだ。特別矯正監の杉良太郎は「スケジュールが合わなかったということ。全然怒ってないよ」とコメントしたそうだ。

 支援官はボランティアだし、慰問できなくても、何ら瑕疵はない。実際、浜崎は多忙なのだろう。音楽関係者が言う。

「左耳の聴力を失っていることを以前告白した浜崎は、このほど右耳の聴力の低下をファンクラブサイトに記し、ファンを心配させています。さらに、膝の前面を保護している膝蓋骨も悪化。アラフォーならではの不調や体形の変化もあるなか、リハビリを兼ねたトレーニングに打ち込み、仕事に当たっているのです。今年は5月から全国60公演を回る彼女初のロングツアーにくわえ、夏にはエイベックス恒例のイベント『a―nation』で通算14度目の大トリが待っていますからね。大忙しですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る