海外でサウンド再評価 小室哲哉の絶頂と凋落、そして現在

公開日:  更新日:

 音楽プロデューサー、小室哲哉(58)のサウンドへの再評価の機運が高まっているという。シンセサイザーなどの電子音からなるダンスミュージック「EDM」の世界的な流行を受けたもの。90年代半ばから00年ごろにかけ、小室ファミリーが当時のヒットチャート上位を独占、このジャンルでミリオンヒットを連発したのは、当時を知る世代には記憶に新しいに違いない。

「高音を張り上げる歌声といわゆる打ち込みを多用した演奏、そして転調の効いたメロディーが特徴的でした」とベテラン芸能記者がこう振り返る。

「96年のNHK紅白でしたか、『I’m proud』で初出場した当時の恋人、華原朋美が歌う隣でピアノ演奏し、TBSのレコ大などを揃ってハシゴしていた時の“大名行列”を今も鮮烈に覚えています。移動のたびにボディーガード、レコード会社、テレビ局に芸能プロ、企業関係者らがゾロゾロと従い、行く先々でカメラの放列ができていた。あれほどの勢いは見たことがない。小室の何が新しかったかといえば、裏方だったプロデューサーという立場を前面に打ち出した売り方。つんくのハロプロ、秋元康のAKB48は小室からの系譜をたどります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る