海外でサウンド再評価 小室哲哉の絶頂と凋落、そして現在

公開日: 更新日:

 音楽プロデューサー、小室哲哉(58)のサウンドへの再評価の機運が高まっているという。シンセサイザーなどの電子音からなるダンスミュージック「EDM」の世界的な流行を受けたもの。90年代半ばから00年ごろにかけ、小室ファミリーが当時のヒットチャート上位を独占、このジャンルでミリオンヒットを連発したのは、当時を知る世代には記憶に新しいに違いない。

「高音を張り上げる歌声といわゆる打ち込みを多用した演奏、そして転調の効いたメロディーが特徴的でした」とベテラン芸能記者がこう振り返る。

「96年のNHK紅白でしたか、『I’m proud』で初出場した当時の恋人、華原朋美が歌う隣でピアノ演奏し、TBSのレコ大などを揃ってハシゴしていた時の“大名行列”を今も鮮烈に覚えています。移動のたびにボディーガード、レコード会社、テレビ局に芸能プロ、企業関係者らがゾロゾロと従い、行く先々でカメラの放列ができていた。あれほどの勢いは見たことがない。小室の何が新しかったかといえば、裏方だったプロデューサーという立場を前面に打ち出した売り方。つんくのハロプロ、秋元康のAKB48は小室からの系譜をたどります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る