• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

海外でサウンド再評価 小室哲哉の絶頂と凋落、そして現在

 音楽プロデューサー、小室哲哉(58)のサウンドへの再評価の機運が高まっているという。シンセサイザーなどの電子音からなるダンスミュージック「EDM」の世界的な流行を受けたもの。90年代半ばから00年ごろにかけ、小室ファミリーが当時のヒットチャート上位を独占、このジャンルでミリオンヒットを連発したのは、当時を知る世代には記憶に新しいに違いない。

「高音を張り上げる歌声といわゆる打ち込みを多用した演奏、そして転調の効いたメロディーが特徴的でした」とベテラン芸能記者がこう振り返る。

「96年のNHK紅白でしたか、『I’m proud』で初出場した当時の恋人、華原朋美が歌う隣でピアノ演奏し、TBSのレコ大などを揃ってハシゴしていた時の“大名行列”を今も鮮烈に覚えています。移動のたびにボディーガード、レコード会社、テレビ局に芸能プロ、企業関係者らがゾロゾロと従い、行く先々でカメラの放列ができていた。あれほどの勢いは見たことがない。小室の何が新しかったかといえば、裏方だったプロデューサーという立場を前面に打ち出した売り方。つんくのハロプロ、秋元康のAKB48は小室からの系譜をたどります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る