• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

圧倒的な演技力が炸裂する「生と死とエロス」の輪舞

(撮影=宮川舞子)

文学座アトリエの会「冒した者」

「浮標」「廃墟」「その人を知らず」「炎の人」といった重厚なセリフ劇で戦後演劇史に屹立する劇作家・三好十郎。創立80周年の文学座が取り上げるのは初めてで、3時間50分という大作ながら、まばたきをする間も惜しいくらいのスリリングな舞台だった。

 舞台は1…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事