「水俣病問題」を通して浮かび上がる人間の矛盾と葛藤

公開日:  更新日:
劇団俳優座「海の凹凸」/(C)日刊ゲンダイ

劇団俳優座「海の凹凸」

 脚本(詩森ろば)と演出(眞鍋卓嗣)と演技、美術、音楽、照明、衣装の絶妙なアンサンブル(調和)に加え、舞台に「目に見えない気迫」がみなぎった。

 舞台は1980年代の東京。小さな印刷屋を営む安元栄司(志村史人)は、国立大の助手・宇田純一(塩山誠司)か…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る