お騒がせ芸能人の受け皿に 元SMAP「72時間TV」出演の意義

公開日: 更新日:

 元SMAPの3人、稲垣吾郎草彅剛香取慎吾が独立後、初めての大きな仕事となるAbemaTV「72時間ホンネテレビ」が11月2日に迫った。

 丸3日という放送時間も驚きだが、“ホンネ”で何を語るのかはファンならずとも注目するはず。テレビといいつつネット番組だから、本当のホンネの期待大。

 そこで気になるのがネットテレビなる媒体。いまや多くのネットテレビがあって、AbemaTVはそのひとつ。アニメなどの放送に加え、オリジナルなコンテンツも多数あり、最近はトークものにベッキーが出演して話題になった。従来のテレビではあり得ないキャスティングが見られる場合もありそうだ。

 今後、ネットテレビをどうとらえるか。

「地上波はタレントが不倫しただけでも、スポンサーや視聴者の声に配慮して起用しないし、ワイドショーが集中的にバッシングする。その点、ネットテレビは今はスポンサーの意向を気にしなくていい。ベッキーはそのいい例。独立3人衆もよりどころができ、浮気や芸能プロの力関係で干されたタレントの受け皿になる側面もある。たとえばベッキーがOKならゲス川谷とかASKA、松居一代ら、お騒がせ有名人で賑わう可能性もあります」(作家の松野大介氏)

 その意味で番組が成功する意義は大きい。ジャニーズ離れが加速、視聴者も芸能プロも一気にネットテレビに流れることになるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る