お騒がせ芸能人の受け皿に 元SMAP「72時間TV」出演の意義

公開日: 更新日:

 元SMAPの3人、稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾が独立後、初めての大きな仕事となるAbemaTV「72時間ホンネテレビ」が11月2日に迫った。

 丸3日という放送時間も驚きだが、“ホンネ”で何を語るのかはファンならずとも注目するはず。テレビといいつつネット番組だから、本当のホンネの期待大。

 そこで気になるのがネットテレビなる媒体。いまや多くのネットテレビがあって、AbemaTVはそのひとつ。アニメなどの放送に加え、オリジナルなコンテンツも多数あり、最近はトークものにベッキーが出演して話題になった。従来のテレビではあり得ないキャスティングが見られる場合もありそうだ。

 今後、ネットテレビをどうとらえるか。

「地上波はタレントが不倫しただけでも、スポンサーや視聴者の声に配慮して起用しないし、ワイドショーが集中的にバッシングする。その点、ネットテレビは今はスポンサーの意向を気にしなくていい。ベッキーはそのいい例。独立3人衆もよりどころができ、浮気や芸能プロの力関係で干されたタレントの受け皿になる側面もある。たとえばベッキーがOKならゲス川谷とかASKA、松居一代ら、お騒がせ有名人で賑わう可能性もあります」(作家の松野大介氏)

 その意味で番組が成功する意義は大きい。ジャニーズ離れが加速、視聴者も芸能プロも一気にネットテレビに流れることになるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  6. 6

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  7. 7

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る