二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

ライバルになった元SMAP3人を「嵐」5人はどう見ているか

公開日: 更新日:

 総選挙の喧騒に押され静寂の時間が流れていた芸能界にあって、連日のように賑わせていたのがジャニーズ関連のニュース。香取慎吾を筆頭に元SMAPの3人が次々と新手の活動を発表すれば、対抗するようにジャニーズも木村拓哉の新ドラマを発表した。

 客観的に見れば事務所に残留した木村と香取らの対立のように見えてくる。ジャニーズが敷いた道を歩き続ける木村と、相棒・飯島マネジャーがつくる新たな道を歩き出した香取。それは民進党に残った人と、小池百合子率いる希望の党にくら替えした人との対立構図にも似ている。政界は希望の党の惨敗に終わったが、彼らの戦いは始まったばかり。

 対岸の火事として見ている芸能関係者は、「今後の男性アイドル界のあり方を左右するかもしれません」と、冷静に見守っている。

 昨日の友は今日の敵。ライバルになった元SMAPを見ながら順調に活動しているのが、後輩の「嵐」の5人。事務所の屋台骨を支えるグループは精力的に活動している。特に今年、目立つのが個人活動。5人ともおのおの、ドラマ・映画に主演している。「ポスト・SMAP」としての事務所の期待の表れだろう。映画は及第点との評価だが、気になるのがドラマ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る