朝丘雪路さんと津川雅彦 波瀾万丈な夫婦の幸せな終わり方

公開日: 更新日:

「大丈夫じゃないね――」

 女優の朝丘雪路(享年82)が先月27日にアルツハイマー型認知症のため死去していたことを受け、20日、夫の津川雅彦(78)が会見で語った。

 2014年4月、セリフが覚えられなくなったことを理由に、一人娘の真由子(44)がプロデュースした舞台を最後に芸能活動を休止。以来アルツハイマー型認知症で自宅療養していたという。亡くなった当日朝はいつもと変わらぬ様子だったが、容体が急変。仕事に向かう途中だった津川が急ぎ自宅に戻るも、臨終には間に合わなかったという。

 1935年、東京・築地生まれ。父で日本画家の伊東深水(享年74)に溺愛され、小学校には人力車で通い、中学生になっても一緒に入浴していたという逸話もあった。51年に宝塚音楽学校に入学、宝塚の娘役を経て、66年、31歳の時に「11PM」のアシスタントに就任。朝丘の巨乳を大橋巨泉が「ボインちゃん」と呼んだことが流行語に。晩年は“お嬢さまキャラ”と“迷回答”でバラエティー番組に欠かせない存在になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  6. 6

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  10. 10

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

もっと見る