• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

大女優・江波杏子「娼年」で松坂桃李相手に“スゴ技”の衝撃

 松坂桃李が主演している「娼年」が全国70スクリーン規模の限定公開ながらヒットしている。かつての成人映画である〈R18+〉指定のセックスを題材にした作品だ。早速、メイン館の都内・TOHOシネマズ新宿に出かけていくと驚いた。9割方、若い女性で満席だった。

 松坂は、主に中年女性相手の売春婦ならぬ“売春男”を演じる。三浦大輔監督は、乱交を題材にした「愛の渦」でセックス描写に定評がある。今回も「愛の渦」以上に大胆極まる濡れ場シーンをねっちり撮っていて感心した。その都度、一部の若い女性観客がせわしなく動いたり、聞き取れない声を発する。興奮しているようだった。

 そんな若い女性たちがそれほど関心のないところに、筆者はもっとも動揺した。往年の大女優である江波杏子が70歳の老婆として登場し、松坂くんに相手をしてもらうシーンである。彼女の代表作である大映の「女賭博師」シリーズの大ファンである筆者は、若い女性たちとは全く違った意味から、このシーンで体を動かしたくなった(動かさなかったが)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る