大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

大女優・江波杏子「娼年」で松坂桃李相手に“スゴ技”の衝撃

公開日: 更新日:

 松坂桃李が主演している「娼年」が全国70スクリーン規模の限定公開ながらヒットしている。かつての成人映画である〈R18+〉指定のセックスを題材にした作品だ。早速、メイン館の都内・TOHOシネマズ新宿に出かけていくと驚いた。9割方、若い女性で満席だった。

 松坂は、主に中年女性相手の売春婦ならぬ“売春男”を演じる。三浦大輔監督は、乱交を題材にした「愛の渦」でセックス描写に定評がある。今回も「愛の渦」以上に大胆極まる濡れ場シーンをねっちり撮っていて感心した。その都度、一部の若い女性観客がせわしなく動いたり、聞き取れない声を発する。興奮しているようだった。

 そんな若い女性たちがそれほど関心のないところに、筆者はもっとも動揺した。往年の大女優である江波杏子が70歳の老婆として登場し、松坂くんに相手をしてもらうシーンである。彼女の代表作である大映の「女賭博師」シリーズの大ファンである筆者は、若い女性たちとは全く違った意味から、このシーンで体を動かしたくなった(動かさなかったが)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る