大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

大女優・江波杏子「娼年」で松坂桃李相手に“スゴ技”の衝撃

公開日:

 松坂桃李が主演している「娼年」が全国70スクリーン規模の限定公開ながらヒットしている。かつての成人映画である〈R18+〉指定のセックスを題材にした作品だ。早速、メイン館の都内・TOHOシネマズ新宿に出かけていくと驚いた。9割方、若い女性で満席だった。

 松坂は、主に中年女性相手の売春婦ならぬ“売春男”を演じる。三浦大輔監督は、乱交を題材にした「愛の渦」でセックス描写に定評がある。今回も「愛の渦」以上に大胆極まる濡れ場シーンをねっちり撮っていて感心した。その都度、一部の若い女性観客がせわしなく動いたり、聞き取れない声を発する。興奮しているようだった。

 そんな若い女性たちがそれほど関心のないところに、筆者はもっとも動揺した。往年の大女優である江波杏子が70歳の老婆として登場し、松坂くんに相手をしてもらうシーンである。彼女の代表作である大映の「女賭博師」シリーズの大ファンである筆者は、若い女性たちとは全く違った意味から、このシーンで体を動かしたくなった(動かさなかったが)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る