大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

大女優・江波杏子「娼年」で松坂桃李相手に“スゴ技”の衝撃

公開日: 更新日:

 松坂桃李が主演している「娼年」が全国70スクリーン規模の限定公開ながらヒットしている。かつての成人映画である〈R18+〉指定のセックスを題材にした作品だ。早速、メイン館の都内・TOHOシネマズ新宿に出かけていくと驚いた。9割方、若い女性で満席だった。

 松坂は、主に中年女性相手の売春婦ならぬ“売春男”を演じる。三浦大輔監督は、乱交を題材にした「愛の渦」でセックス描写に定評がある。今回も「愛の渦」以上に大胆極まる濡れ場シーンをねっちり撮っていて感心した。その都度、一部の若い女性観客がせわしなく動いたり、聞き取れない声を発する。興奮しているようだった。

 そんな若い女性たちがそれほど関心のないところに、筆者はもっとも動揺した。往年の大女優である江波杏子が70歳の老婆として登場し、松坂くんに相手をしてもらうシーンである。彼女の代表作である大映の「女賭博師」シリーズの大ファンである筆者は、若い女性たちとは全く違った意味から、このシーンで体を動かしたくなった(動かさなかったが)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  4. 4

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る