南北両極を初めて単独徒歩横断 冒険家・大場満郎さんは今

公開日:

“地球のテッペンと真下を単独で歩いて制覇したい”――。こんな世界中の冒険家の夢「南北両極の単独徒歩横断」を世界で初めて成功させた日本人がいる。本日登場の大場満郎さん(65)だ。快挙を達成したのは19年前。全国紙の1面を飾り、ギネスブックにも掲載された。さて、今どうしているのか?

 山形県北部、奥羽山脈で宮城県と背中合わせの最上町。大場さんと会ったのは、JR陸羽東線・最上駅から車で約10分の「アースアカデミー・大場満郎冒険学校」だった。

「オープンしたのは2001年6月。僕が『植村直己賞』を受賞した翌年で、ネーミングの通り、僕が校長です。子供たちや家族で来ていただき、ありのまんまの自然との触れ合いを通じて、自然のぬくもりや楽しさ、ある時は厳しさも学んでほしいと思っています」

 スキー場のロッジに似た外観の学校は建築面積462平方メートルの2階建て。1階ロビーには05年のカナダ北極圏徒歩横断の際に使用した黄色いテント、正面奥が講堂、右手が大広間と宿泊施設。2階は写真パネルや防寒具、通信機器などがズラリと並ぶ資料室になっており、見学は無料だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  7. 7

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  8. 8

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  9. 9

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  10. 10

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

もっと見る