南北両極を初めて単独徒歩横断 冒険家・大場満郎さんは今

公開日:

“地球のテッペンと真下を単独で歩いて制覇したい”――。こんな世界中の冒険家の夢「南北両極の単独徒歩横断」を世界で初めて成功させた日本人がいる。本日登場の大場満郎さん(65)だ。快挙を達成したのは19年前。全国紙の1面を飾り、ギネスブックにも掲載された。さて、今どうしているのか?

 山形県北部、奥羽山脈で宮城県と背中合わせの最上町。大場さんと会ったのは、JR陸羽東線・最上駅から車で約10分の「アースアカデミー・大場満郎冒険学校」だった。

「オープンしたのは2001年6月。僕が『植村直己賞』を受賞した翌年で、ネーミングの通り、僕が校長です。子供たちや家族で来ていただき、ありのまんまの自然との触れ合いを通じて、自然のぬくもりや楽しさ、ある時は厳しさも学んでほしいと思っています」

 スキー場のロッジに似た外観の学校は建築面積462平方メートルの2階建て。1階ロビーには05年のカナダ北極圏徒歩横断の際に使用した黄色いテント、正面奥が講堂、右手が大広間と宿泊施設。2階は写真パネルや防寒具、通信機器などがズラリと並ぶ資料室になっており、見学は無料だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る