城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

70代でも心身キープ 十朱幸代と千葉真一に学ぶプロの精神

公開日: 更新日:

 大女優、十朱幸代(75)が、芸能生活60年を機に初の自叙伝を出版。テレビなどでの露出のほか、出版イベントでマスコミの前に登場した。

 その囲み会見で、元恋人の故西城秀樹さんについて、名前こそ明かさなかったものの、結婚寸前までいった秘話を明らかにした。

 なんと、結婚会見を1週間後にという準備までしていたのに、お互いの両親も反対し、年齢差や仕事と家庭のことなどを考えて、押し切ることができなかったということだった。

 これまで、プライベートを語らない女優の十朱が恋愛について振り返るのも、もはや“時効”でもあり、その程度の話は“恋多き女優”の、ほんのサービスといったところだろうか。

 それよりも驚かされたのが、70代半ばという年齢にはまったく思えない、十朱の美しさ、スタイルの良さだった。

 背筋もスッと伸びていて、女優の手本のようだった。今から10年以上前、取材でマイクを向けた時に、あまりに美しさを保っているので、特別な健康法、美容法があるのか尋ねてみると、「アラ、何もしてないの、アッハッハー」という返事だった。ところが、カメラとマイクを片付けている時に、もう一度、同じことを尋ねると、「ありとあらゆることをやってるわよー。アッハッハー」とまた笑い飛ばされた。そりゃそうか、大女優の演技にうっかりダマされるところだった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

  2. 2
    NHK大河「鎌倉殿の13人」アッと驚く最終回…義時は惨殺され、八重は生きている?

    NHK大河「鎌倉殿の13人」アッと驚く最終回…義時は惨殺され、八重は生きている?

  3. 3
    森保監督はたとえ続投でも現体制は解体へ…右腕のコーチ陣はW杯後、Jクラブの監督候補に

    森保監督はたとえ続投でも現体制は解体へ…右腕のコーチ陣はW杯後、Jクラブの監督候補に

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    中居正広が「休養延長」を発表も…大物芸能人ほど《ゆっくり休んで》というコメントが嫌い?

    中居正広が「休養延長」を発表も…大物芸能人ほど《ゆっくり休んで》というコメントが嫌い?

  1. 6
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  2. 7
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  3. 8
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  4. 9
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  5. 10
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに