韓流ブームで黒字化 “世界一の店舗”目指すタワレコの挑戦

公開日: 更新日:

 タワーレコード渋谷店が19日に大幅リニューアルした。注目は、“K―POPファンの聖地”と呼ばれているフロアを約2倍に拡張したこと。

 タワーレコードにK―POPフロアを改装した理由について聞いてみると、「熱いファンの要望に応えてフロア面積を2倍にしました。BTSの原爆Tシャツ問題などがありましたが、K―POPの人気は根強く、ファンの数はむしろ増えています。リニューアル後は来客数が増え、お客さまからの評判は上々です」(広報室担当者)とのこと。

 K―POPフロアは4階から5階に移動。販売スペースはフロア面積の半分以上で、残りはイベントスペースに割かれていた。渋谷店限定商品もあり、リニューアル当日に本紙記者が取材に訪れると、物販コーナーではBTSやTWICEを中心に盛況。K―POP人気を改めて感じた。官報によると、タワレコの2017年の経常利益は26億円の赤字。ところが、2018年には10億円の黒字に転換した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る