不祥事続きのBIGBANG それでも離れぬファンの“特異体質”

公開日:  更新日:

 薬物汚染はK―POP界でも大騒ぎになっている。今月5日、BIGBANGのT.O.P(トップ・29)が大麻吸引で在宅起訴。兵役中の逮捕に衝撃が走ったが、翌6日、トップは薬物過剰摂取で緊急搬送され意識不明、8日に意識が回復したと韓国メディアが報じた。

 BIGBANGは2012年の「FANTASTIC BABY」が世界的にヒット、世界12カ国21都市48公演で80万人を動員した男性5人組アーティストでK―POPのヒップホップ系カルチャーを日本に根付かせたパイオニア。トップが入隊する前のライブチケットは数十万円まで跳ね上がった。韓流カルチャーに詳しい芸能ライターの中野裕子氏はこう語る。

「トップはリーダーのG―DRAGON(ジードラゴン=28)に次ぐ人気で、日韓合作映画に出演したりと日本でも活躍していて、BIGBANGの中では優等生的存在だっただけに意外でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る