日テレは高い買い物? 有働由美子が“アドリブ下手”を露呈

公開日: 更新日:

 11日放送の「今だから話します~平成最後にアスリート初告白SP!~」(日本テレビ系)に有働由美子が出演。番組は平成30年間に生まれた数々のスポーツ名場面を紹介し、その裏側にある感動エピソード、意外な本音、初めて明かすこぼれ話をアスリート本人、家族・関係者が語るという内容であった。

 有働とくりぃむしちゅー・上田晋也がMCを務め、スペシャルMCとして明石家さんま、そして、進行役で日テレのエース・水卜麻美アナが加わる豪華さ。

 だが、有働はいいとこなし。番組内で「せっかく台本を覚えてきたのに、さんまさんが全然違うことをやるので……」と訴える場面も。さんまの勢いに圧倒されっぱなしだった。

「同じ事務所の上田のバーターで出演したのでしょうか。進行であればまだ活躍できたのでしょうが、水卜がしっかり押さえていて出番なし。なぜ有働を起用したのかさっぱりわかりません。典型的な、船頭多くして……でした。とはいえ、今回の番組で有働がバラエティーでも使えないことが露呈しました。NHKは台本通りでアドリブ禁止、リハも何度も繰り返し行います。台本通り、ディレクターの指示通りの仕事はできても、アドリブ対応力は低い。民放では使い物になりませんね」(テレビウオッチャー)

 つぶしが利かないとなれば、日テレは高い買い物をしたことになる!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  4. 4

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  5. 5

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  8. 8

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  9. 9

    中曽根氏合同葬 参列者は6割減なのに経費は1400万円増の怪

  10. 10

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

もっと見る