河野景子“参戦”で…フリー女子アナ「椅子取り合戦」に突入

公開日:

 元貴乃花親方との“卒婚”で早速、フリー女子アナ界をザワつかせているのが元夫人の河野景子さん(54)。元フジテレビの看板アナウンサー&相撲部屋の元女将という異色の経歴を武器にテレビ界への復帰が取り沙汰されている。

「キー局からフリーに転身する人気女子アナは多いが、独立後もレギュラー番組を持ち活躍しているのはほんのひと握り。有働由美子、川田裕美、夏目三久、田中みな実ら、すぐに名前が出てくるものの番組名とセットで挙げるのは至難の業。完全に飽和状態です」(テレビ関係者)

 なかでも戦々恐々としているのが元フジテレビのOGたちだ。加藤綾子、高橋真麻、本田朋子、高島彩、中野美奈子、木佐彩子、中村仁美ら多くのフリーアナが名前を連ねている。

「河野が参戦してくると、仕事はまさに熾烈な椅子取りゲームなんです。これまで仕事のあった先輩フリーアナも自分の居場所を河野に奪われやしないかとビビりまくっている」(芸能プロ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る