人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

公開日: 更新日:

 “やらせ”は日常茶飯事なのか――。

 TBSは人気紀行バラエティー「クレイジージャーニー」で不正な演出があったとして11日、同番組の放送休止を発表。8月14日に放送された同番組の2時間スペシャルと同日深夜のレギュラー放送で“やらせ”が発覚。メキシコに生息する珍しい生物を探し出し、捕獲するという企画だったが、あらかじめ用意した生物を、あたかもその場で発見したかのように演出して放送した。

「『クレイジージャーニー』はディレクターがADに暴力を振るうなどのパワハラで別部署に異動したと報じられたばかり。相次ぐ不祥事で打ち切りは免れないでしょう」(キー局関係者)

 同局では、5日にもドキュメンタリーバラエティー「消えた天才」の放送休止を発表したばかり。8月11日放送回で、当時12歳の少年がリトルリーグの全国大会で全打者三振の完全試合を達成した試合の映像を流した際に、映像を早回しすることで、実際の投球よりも2割ほど速く見えるように加工していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る