ニュースの“必需品”視聴者の投稿映像はなぜ謝礼ゼロなのか

公開日: 更新日:

 常磐自動車道のあおり運転・殴打で逮捕された宮崎文夫容疑者と連れの喜本奈津子容疑者には、ドライブレコーダーに残された凶暴さ、「きもとさ~ん」と叫ぶ逮捕時の奇行と2度呆れさせられたが、いずれも被害者やたまたま目撃した視聴者の提供映像だった。

 台風、地震、水害などでも、住人がマンションの部屋やクルマなどから撮影した映像が次々と流れる。手ブレがひどかったり、肝心なところが写っていなかったりするのだが、とにかく目の前に同時進行の「現場」があるから、臨場感はテレビ局のカメラマンもかなわない。犯罪でも、犯行前後の様子がすぐ放送される。

 こうした映像を、テレビ局はどうやって入手しているのだろう。「スクープBOX」(NHK)、「みんながカメラマン」(テレビ朝日)といった投稿サイトはあるが、おいしい映像はそう送られてくるものではない。そこで、アシスタントディレクターやリサーチ記者が、四六時中ネットを検索することになる。そして、使えそうな映像を見つけると、投稿者に直ちにメールして、使用許可を得るのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  7. 7

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  8. 8

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

もっと見る