ニュースの“必需品”視聴者の投稿映像はなぜ謝礼ゼロなのか

公開日: 更新日:

 常磐自動車道のあおり運転・殴打で逮捕された宮崎文夫容疑者と連れの喜本奈津子容疑者には、ドライブレコーダーに残された凶暴さ、「きもとさ~ん」と叫ぶ逮捕時の奇行と2度呆れさせられたが、いずれも被害者やたまたま目撃した視聴者の提供映像だった。

 台風、地震、水害などでも、住人がマンションの部屋やクルマなどから撮影した映像が次々と流れる。手ブレがひどかったり、肝心なところが写っていなかったりするのだが、とにかく目の前に同時進行の「現場」があるから、臨場感はテレビ局のカメラマンもかなわない。犯罪でも、犯行前後の様子がすぐ放送される。

 こうした映像を、テレビ局はどうやって入手しているのだろう。「スクープBOX」(NHK)、「みんながカメラマン」(テレビ朝日)といった投稿サイトはあるが、おいしい映像はそう送られてくるものではない。そこで、アシスタントディレクターやリサーチ記者が、四六時中ネットを検索することになる。そして、使えそうな映像を見つけると、投稿者に直ちにメールして、使用許可を得るのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る