唐田えりか「パラサイト」ポン・ジュノ監督作で女優復帰か

公開日: 更新日:

 アカデミー賞で外国語映画として史上初めての作品賞を受賞した韓国映画「パラサイト 半地下の家族」。監督賞も獲得したポン・ジュノ監督(50)と主演のソン・ガンホ(53)が2月23日、来日。世界の名監督の仲間入りを果たしたポン監督の元には、早くも欧米の映画会社を中心に複数のオファーが殺到しているといわれている。

 日本もその例外ではなく、24日に都内の映画館で行われた同映画の舞台挨拶には、ポン監督らとともに「新しい地図」の草彅剛(45)が登壇。草彅は得意の韓国語で賛辞を贈った。

「映画会社としては韓国語が話せて韓国にも造詣が深い草彅をキャスティングしたいのでしょう。草彅の所属事務所としてもポン監督との接触を前向きに受け止めているようです。楽屋で『もしポン監督が日本人の役者を使って映画を撮るような機会があれば、ぜひとも草彅に声を掛けて下さい!』とマネジャーが売り込みをかけていたところが目撃されています」(映画関係者)

 ポン監督の作品に草彅が出演することはあり得るのか。

「ポン監督は既に次回作の製作に入っていると聞いています。日本人の役者がキャスティングされるとしたら、その作品が終わってからということになるでしょう。ただ実際に日本人の役者をキャスティングするとしたら、ポン監督のブレーンの存在が重要になってきます」(前出の映画関係者)

 そのブレーンのひとりといわれるのが、映画「万引き家族」でカンヌ映画祭でパルムドールを受賞した是枝裕和監督だ。もし、ポン監督が日本人の役者をキャスティングしようとすれば、必ず是枝監督の助言を受けるだろうと関係者は口を揃える。

綾瀬はるか広瀬すずの名前も

「作品にもよりますが、人間の“陰の部分”を好んで描くポン監督の性格を考慮すれば、是枝作品の『海街diary』で好演が光った綾瀬はるかや広瀬すずの名前が浮上してくると思います。『是枝作品は一本も欠かさずに見ている』と公言するポン監督の反応が注目されます」(前出の映画関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  2. 2
    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

  3. 3
    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

  4. 4
    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

  5. 5
    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

  1. 6
    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

  2. 7
    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

  3. 8
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  4. 9
    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

  5. 10
    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ

    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ