唐田えりか「パラサイト」ポン・ジュノ監督作で女優復帰か

公開日: 更新日:

 アカデミー賞で外国語映画として史上初めての作品賞を受賞した韓国映画「パラサイト 半地下の家族」。監督賞も獲得したポン・ジュノ監督(50)と主演のソン・ガンホ(53)が2月23日、来日。世界の名監督の仲間入りを果たしたポン監督の元には、早くも欧米の映画会社を中心に複数のオファーが殺到しているといわれている。

 日本もその例外ではなく、24日に都内の映画館で行われた同映画の舞台挨拶には、ポン監督らとともに「新しい地図」の草彅剛(45)が登壇。草彅は得意の韓国語で賛辞を贈った。

「映画会社としては韓国語が話せて韓国にも造詣が深い草彅をキャスティングしたいのでしょう。草彅の所属事務所としてもポン監督との接触を前向きに受け止めているようです。楽屋で『もしポン監督が日本人の役者を使って映画を撮るような機会があれば、ぜひとも草彅に声を掛けて下さい!』とマネジャーが売り込みをかけていたところが目撃されています」(映画関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る