沢尻エリカに早くも復帰プラン 唐田えりかと“Wエリカ”構想

公開日: 更新日:

 東出昌大(31)との不倫が発覚し、世の女性たちの猛反発で一部では「引退危機」も囁かれる唐田えりか(22)。所属事務所は「本人は軽率な行動を深く反省しております」「自分の弱さ、愚かさ、甘さを深く受け止め、向き合いたいと思っています」と即座にコメントを出したが、レギュラー出演していた連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(TBS系)の緊急降板が発表され、今年春以降に予定されていた複数のドラマやCM出演の話も立ち消えとなった。

 しかし、唐田としては「謹慎期間が過ぎたら、できれば女優活動を再開したい」と願っているようだ。確かに、唐田は今回の件で多くの女性を敵に回してしまったが、女優を辞めなければならないほどの悪事に手を染めたのかといえば、判断が分かれるところだろう。

「唐田は不倫騒動の当事者として激しい非難を浴びています。ただ、発売中の『週刊文春』が妻子ある東出との不倫関係に悩んで別れようとした時期があったこと、言葉巧みに接近したのは東出の方だったことなどを報じています。当時まだ未成年だった唐田が、9歳年上の“チャラ男”にちょっかいを出されて弄ばれたという同情的な見方も芸能界にはあります」(芸能プロ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  7. 7

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  8. 8

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

もっと見る