井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキITジャーナリスト

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

全国区の“炎上クイーン”辻希美は何をやってもこき下される

公開日: 更新日:

 執拗な誹謗中傷が繰り返され、自殺に至る最悪のケースまで出てきたことで、一般ユーザーだけでなく、政府内部からも炎上に対する厳罰化を含む法整備を望む声が高まっている。

 アメリカを拠点にコメディアン、モデルとして活動する藤井美穂は、炎上被害者の立場から、加害者は「ちゃんと償わなければならない」と法による裁きを訴えるひとりだ。

 だが、法の力だけで炎上を抑え込むのは、それほど簡単なことではないのではないか。かえって潜在化、陰湿化を招き、露見させにくくする副作用にも目を配るべきだろう。

■全国規模で一斉に行われるイジメや村八分

 昨今の炎上は、全国規模で一斉に行われるイジメや村八分のようにも見える。参加者の数が実はそれほど多くなかったとしても、手元にあるスマートフォンなどの端末を使い、ユビキタスな環境のなかで、いつでもどこでも思い立った時に暴言を投げかけられるから、炎上加害者の方も見境なく、際限もなくなってしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  6. 6

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  7. 7

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る