井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキITジャーナリスト

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

木村花さんの自殺から誹謗中傷への“法的措置宣言”が増加

公開日: 更新日:

 コロナ自粛にともない、休業や雇い止めなどで収入が減った女性が、短期間ながら「風俗堕ち」してくる。そのなかには、普段なら風俗にはいない美人が含まれるだろうから、プレーできるのが楽しみだ。深夜ラジオでこのように話した岡村隆史が大炎上した。

 コロナ自粛に便乗した貧困を食い物にする姿勢である、女性を蔑む態度だと指弾されたのだ。

 言いたいことを言いたいように言う、またそうした本音に触れられるのが、そもそもの深夜ラジオやSNSの魅力だった。しかし、リスナーやユーザーが増えれば、おのずとさまざまな価値観にさらされることとなる。内輪だけのサロン、身近な者しかいないタコツボだと油断していると、思わぬ反撃に遭ってしまう。

 ラジオもネットも、当たり前だが、元から広く社会に間口を開けている。それを、見知ったメンバーだけの安全地帯だと思い込んだまま投稿したり、トークを繰り広げてしまいトラブルとなり炎上するのだ。

 匿名だから、深夜ラジオだからが理由なのではなく、ネットやラジオが「言論解放区」だという誤解に、いまだにとらわれていることが炎上の真の背景なのではないか。もちろん、匿名性への妄信もあるだろうが、それだけでは説明がつかないことが多すぎる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    阪神“無期限二軍”藤浪トレード再燃…野手獲得の交換要員か

もっと見る