井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキITジャーナリスト

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

木村花さんの自殺から誹謗中傷への“法的措置宣言”が増加

公開日: 更新日:

 コロナ自粛にともない、休業や雇い止めなどで収入が減った女性が、短期間ながら「風俗堕ち」してくる。そのなかには、普段なら風俗にはいない美人が含まれるだろうから、プレーできるのが楽しみだ。深夜ラジオでこのように話した岡村隆史が大炎上した。

 コロナ自粛に便乗した貧困を食い物にする姿勢である、女性を蔑む態度だと指弾されたのだ。

 言いたいことを言いたいように言う、またそうした本音に触れられるのが、そもそもの深夜ラジオやSNSの魅力だった。しかし、リスナーやユーザーが増えれば、おのずとさまざまな価値観にさらされることとなる。内輪だけのサロン、身近な者しかいないタコツボだと油断していると、思わぬ反撃に遭ってしまう。

 ラジオもネットも、当たり前だが、元から広く社会に間口を開けている。それを、見知ったメンバーだけの安全地帯だと思い込んだまま投稿したり、トークを繰り広げてしまいトラブルとなり炎上するのだ。

 匿名だから、深夜ラジオだからが理由なのではなく、ネットやラジオが「言論解放区」だという誤解に、いまだにとらわれていることが炎上の真の背景なのではないか。もちろん、匿名性への妄信もあるだろうが、それだけでは説明がつかないことが多すぎる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

  2. 2
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

  3. 3
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

もっと見る

  1. 6
    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

  2. 7
    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

  3. 8
    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

  4. 9
    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

  5. 10
    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか

    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか