井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキITジャーナリスト

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

岡村隆史の失言問題 ラジオも掲示板も言論解放区ではない

公開日: 更新日:

 言いたいことを言えばいいってもんじゃない。

 お笑いタレントの岡村隆史(49)が舌禍事件を起こしたと聞いて、知人がもらした言葉だ。

 あらためて振り返れば、4月にラジオ放送のなかで「コロナが終息したら絶対面白いことがある」と前置きし、「美人さんがお嬢やります」と続けた。お嬢とは風俗嬢のことを指す。

 美しく、普通なら風俗に「堕ちたり」しない女性がコロナ自粛の影響で収入が減るなどして、やむを得ず短期間ながら風俗に流れてくる。普段なら風俗では出会えない美人とプレーできるのを楽しみにしている。

 岡村は、このように話したのだ。これが女性蔑視、貧困を食い物にする男の本音であると各方面から猛批判され、最終的に謝罪に追い込まれた。

 この発言をめぐっては、ネットでもニュースのコメントやSNSの発信で非難が殺到。深夜ラジオのことだからと擁護する声もあったが、岡村の出演番組の降板を求める声までも次々と上がり、一時はさすがのネット上も騒然とした空気に包まれた。なにしろ、NHKの番組の降板を求める電子署名は、あっという間に1万筆にも及んだのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  4. 4

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  5. 5

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 8

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  9. 9

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  10. 10

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

もっと見る