松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

公開日: 更新日:

 昨年末活動を休止した嵐の松本潤(37)が2023年放映予定のNHK大河ドラマ「どうする家康」で主役の徳川家康を演じることが明らかになったのは19日のこと。活動休止後、桜井翔(39)、二宮和也(37)、相葉雅紀(38)のレギュラー番組が始まる中、ようやく松本も再始動である。

■2年先なのになぜ告知?

 とはいえ、大河ドラマはコロナ禍で放映が遅れており、「麒麟がくる」はこれからが佳境。2月からは吉沢亮(26)主演の「青天を衝け」がスタート。来年には小栗旬(38)主演の「鎌倉殿の13人」の制作も発表されているが、なぜ今のタイミングで告知するのか。コラムニストの桧山珠美氏は「松本潤のブランディングを確立したいジャニーズ事務所と大河ドラマの期待感をあおりたいNHKとの思惑の合致」としてこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  4. 4

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  5. 5

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  6. 6

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  7. 7

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  8. 8

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  9. 9

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  10. 10

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

もっと見る