吉田類が語る「酒と愛猫ララとの日々」コロナで家飲み派に

公開日: 更新日:

コロナ禍でララと助け合いながら過ごす日々

 からしに死なれて5年以上も立ち直れず、つらい時期をさまよっていたと類さん。心が弱った類さんと、体が弱った猫のララとは、どこかお互い引かれ合うものがあったのだろうか。コロナ禍、類さんとララは助け合って日々を過ごしている。

「日がな一日、ララといて飽きることはありません。今日もまた、夕日を一緒に眺めて飲んでいたら、一日が穏やかに暮れていきました」

(取材・文=鈴木美紀)

▽吉田類(よしだ・るい) 酒場詩人。1949年、高知生まれ。BS-TBS「吉田類の酒場放浪記」は人気長寿番組。青年期は仏教美術に傾倒し、シュールアートの画家としてパリを拠点に活動。その後イラストレーターに転身。90年代からは酒場や旅をテーマに執筆活動・テレビ出演、講演等。酒場と人間模様をテーマにした著書多数。俳句愛好会を主宰。高知県観光特使、高知県仁淀川町観光特使。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る