今年の大みそかは日テレ「ガキ使」復活か? BPOからも「笑ってはいけない」おとがめなし

公開日: 更新日:

 ここ数年、年末の大みそかになるとSNSなどで盛んに飛び交っていたのが“ガキ使ロス”なる言葉だった。しかし、今年の大みそかは“復活”の2文字が世間を騒がせることになるかもしれない。

 というのも現在、今年の大みそかの放送に向け「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけないシリーズ」の番組制作が検討されているという情報が飛び交っているから。来月早々にも正式な決裁が下され、収録が始まるといった話が日本テレビ局内で囁かれている。

「そもそも本年度の『ガキ使』特番復活検討の話は局内でも編成と番組幹部の限られた人にのみ共有されていたトップシークレット。今年は3時間プラス1時間の生放送特番という構成になりそうです。例年のような6時間放送に対応するためには5月から収録しないと間に合わない。とくにダウンタウンの松本人志は事前に情報が漏洩することを極端に嫌がるため関係者は相当、気を使っています」(日テレ関係者)

 そもそも大みそかの「ガキ使」特番の復活は日本テレビにとっては悲願と言っていい。代替番組として「笑って年越したい!笑う大晦日」(2021年)や「笑って年越し!世代対決 昭和芸人VS平成・令和芸人」(22年)といった特番を放送したものの、番組世帯視聴率は平均10%以上も下落。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ