広末涼子には「肉を食べさせるな」の通達が…不倫スキャンダルを“肥やしに”する女優たちの凄み

公開日: 更新日:

 広末涼子不倫騒動で、脚本家の倉本聰氏が語ったこんな持論が話題になっている。

「愛っていうのは不倫とか以前に、永遠のものじゃないですか。だから広末さんを責めたいなんて全然思わない。上等じゃない。自分だって頑張りたいですよ」

 不倫を肯定するでも否定するでもなく、男女関係は道徳や倫理観ではどうにもならないこともあるというのだろうか。実際、芸能界では広末のみならず、あまたの女優が愛や恋に突っ走る姿が芸能マスコミにキャッチされてきた。

 たとえばNHK連続テレビ小説「らんまん」出演中の鶴田真由(53)。フライデー・デジタルでは「才能に好かれる恋多き女」として、故・坂本龍一氏との不倫疑惑、手つなぎデートをキャッチした写真をこのほど再掲載。「お嬢様女優のイメージは完全に無くなりました」との芸能プロ幹部のコメントをつけた。しかし、鶴田の看板にヒビが入ることはなく、その後も女優業は順風満帆なのである。

「広末さんの今回の騒動では、斉藤由貴(56)を引き合いに出すコメントがSNSに多数あがっています。有名人や医師との不倫を繰り返し、恥ずかしい写真つきで報じられても、『この人はこういう人だから』と世間に認知されて、仕事を干されるということがない。斉藤由貴関連では『スキャンダルを肥やしにできる人、できない人』との特集が女性誌で組まれたりしました」(スポーツ紙芸能デスク)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 2
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  3. 3
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  4. 4
    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手

    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手会員限定記事

  5. 5
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  1. 6
    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

  2. 7
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 8
    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

  4. 9
    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

  5. 10
    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速

    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速