二宮和也の独立で聞こえてきた「嵐」空中分解の足音…櫻井翔・松本潤も続くのか

公開日: 更新日:

 10月24日に「SMILE-UP.」(旧ジャニーズ事務所)からの独立を電撃発表した、嵐の二宮和也(40)。個人事務所の名前は「オフィスにの」であると報じられている。俳優としての個人活動と同時に嵐としてのグループでの活動は継続していくとしているが、グループ存続には暗雲が立ち込めているようだ。

「これは“終わりの始まり”でしょう。嵐のメンバーはもはや一枚岩ではありません。二宮に続くのは誰なのか、テレビ界や旧ジャニーズ事務所内で囁かれています」

 キー局関係者は声をひそめて話す。テレビマンの間で一番名前が挙げられるのは、櫻井翔(41)だという。

ジャニー喜多川氏の性加害問題を巡って、強硬な立場を崩していないナショナルクライアントがほとんどですが、日本テレビは櫻井を重用しています。今年12月に放送される『ベストアーティスト』の総合MCは今年も継続。当初は、スポンサー筋から厳しい声が上がるとみられていたのですが、『新規事業ではなく継続案件だ』ということを理由に継続を強行しています。また、来年1月期の連ドラ『大空港占拠』(仮題)主演も決定しているんです。極めつきは一部報道では盛んに降板説が取り沙汰されていた『news zero』のキャスターも来年4月以降の継続が内定しているといいます。日テレがここまで櫻井を重用する理由は、今年度中に二宮に続き、旧ジャニーズとの決別を発表するとみられているからです。もちろん嵐メンバーとしての地位はそのままですが、すでに嵐自体も開店休業状態です。櫻井の発表はもはや既定路線とみられています」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ