前田吟
著者のコラム一覧
前田吟俳優

1944年、山口県生まれ。俳優座養成所を卒業。ドラマ「若者たち」、映画「ドレイ工場」「孤島の太陽」などに出演し、「男はつらいよ」シリーズに69年の第1作から最終、2019年の第50作まで全作品に出演。「渡る世間は鬼ばかり」ほかドラマ、映画、舞台からバラエティー番組の司会まで幅広く活躍。

(1)一緒に入った温泉で見た 渥美清の背中の「大きなノの字」の傷痕

公開日: 更新日:

 防府天満宮そばで産湯につかり、捨て子同然にもらわれて育った少年がやがて役者となり、国民的映画「男はつらいよ」で憧れの渥美清と出会う。前田吟が初めて語る「男はつらいよ」。前田吟と寅さんの世界をお届けする。

 ◇  ◇  ◇

 前田吟と渥美清の初共演は1966(昭和41)年に始まったTBSの1話完結ドラマ「泣いてたまるか」だった。その最終回のタイトルが「男はつらい」(68年)。主演・渥美清、出演は前田吟、小坂一也、「タコ社長」太宰久雄ら。この脚本を担当したのが稲垣俊と映画「男はつらいよ」を48作撮った山田洋次監督だった。

 前田は68年TMC(東京メディアシティ)のレモンスタジオで憧れの渥美と初めて居合わせる。

 ◇  ◇  ◇

 渥美(清)さんとの最初の出会いは「裸」でした。衣装部屋でね。渥美さんはスタジオで何かのドラマに出ていて、僕は別のドラマを撮るのでそこに行っていた。ドラマが違っても着替える部屋が一緒だから。

 僕は着替えながら「今度『泣いてたまるか』の最終回でお世話になる、前田です」と挨拶しました。すると、渥美さんは「あ、そう」と何げなくおっしゃってから、「君が出てるのはよく見てるよ」と言ってくれた。あの渥美さんが僕のドラマを見てくれてる。そう思うとドキドキしてうれしかったですね。

 その時、渥美さんも着替え中で裸でした。渥美さんとはそんな「裸の付き合い」から始まりました。

 でも、もしかすると裸じゃなかったのかなと思った時があります。「男はつらいよ」の33作「夜霧にむせぶ寅次郎」(84年8月)でのこと。舞台は北海道の釧路、北海道ロケです。マドンナは中原理恵さんでした。熊が出てきて、大騒動になる話です。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

  3. 3
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 4
    「自由が丘デパート」で食堂とスナックに…おじさんたちの楽園に入ってみると

    「自由が丘デパート」で食堂とスナックに…おじさんたちの楽園に入ってみると

  5. 5
    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格

    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格

  1. 6
    オリックスで再起誓う吉田輝星が胸中吐露…「心を入れ替え、笑ってシーズンを終えたい」

    オリックスで再起誓う吉田輝星が胸中吐露…「心を入れ替え、笑ってシーズンを終えたい」

  2. 7
    大関・貴景勝「頚椎負傷」で休場届、8度目カド番確定も…“まだ引退できない”複雑事情

    大関・貴景勝「頚椎負傷」で休場届、8度目カド番確定も…“まだ引退できない”複雑事情

  3. 8
    キムタク主演の4月期ドラマを巡るドタバタ…テレ朝の間に微妙なすきま風→心はTBSへ

    キムタク主演の4月期ドラマを巡るドタバタ…テレ朝の間に微妙なすきま風→心はTBSへ

  4. 9
    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

  5. 10
    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ