肝臓疾患を苦に飛び降り自殺した元ガロ 日高富明

公開日:  更新日:

 マークこと堀内護、トミーこと日高富明、ボーカルこと大野真澄の3人組で72年リリースの「学生街の喫茶店」大ヒットで知られるフォークグループ「ガロ」。73年の紅白出場など人気となったが、メンバー間の音楽性の違いから76年に解散した。

 その後それぞれ別の道にメンバーは進んだ。堀内は一時、音楽業界を離れてオートテニス場を経営、大野はソロ活動の他、プロデュースやディレクター業も始めるなど、活動の幅を広げていった。

 一方、日高はというと目指したのは本格的なロック。ガロ時代の楽曲が嫌いだったというのが理由だが、結局、その方向性が定まらず、一方でファンやレコード会社が期待したのはガロの延長線上にあるフォーク調の曲というチグハグな状況に置かれた。そして他の2人とは対照的に、長髪にジーンズの70年代スタイルのまま活動を続け、コンサートには客が1人しか入らないこともあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

もっと見る