台湾のホテルでの大騒ぎを報じられた篠原ともえ

公開日: 更新日:

■2001年3月

 90年代後半、独特のファッションとハイテンショントークで“シノラーブーム”を巻き起こした篠原ともえ。文化女子短大の卒業を控えた01年3月、CDのキャンペーンで訪問した台湾で緊急入院するが、地元メディアの間では「泥酔してホテルで大暴れ」というスキャンダラスな報道が流れて騒ぎになった。

 篠原(当時21)は3月5日朝に台北市の病院に入院したが、6日付の台湾新聞には「深夜にホテルで大騒ぎ」に続き、「常軌を逸した行動」「裸同然の姿でホテルを抜け出し」といったショッキングな見出しが並んでいた。

 4日夜、篠原は台湾で人気クイズ番組の収録を行っている。だが、言葉の問題もあり、自分の仕事に満足できない様子で落ち込んだという。騒動を目撃した台湾人スタッフや新聞記者によるとテレビ局からホテルに戻った篠原を日本人スタッフが慰めていたところ、突然、部屋を飛び出したというものだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

もっと見る