• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

安達祐実 ステージママも巻き込んでのデキ婚騒動

■2005年9月

 早くから子役として活躍し、94年放送の「家なき子」(日本テレビ系)では、「同情するなら金をくれ」のセリフが社会現象を巻き起こした安達祐実。私生活では20歳年上の黒田アーサーとの熱愛もウワサされていた。しかし、黒田との破局が伝えられた半年後、24歳の誕生日にお笑いコンビ・スピードワゴンの井戸田潤(当時32)とのデキ婚を発表して世間を驚かせた。

 きっかけは04年12月に行われた合コン。安達の弟がお笑い好きで若手芸人たちと交流があり、都内で開かれた食事会に安達も参加。その後、井戸田が積極的にアプローチし、安達と連絡を取り合うようになった。当初は黒田との恋愛に悩む安達の相談に乗るなど友達関係だったとも。

 安達は05年春に黒田と破局。井戸田との関係にも注目が集まった。もっとも、この時、安達の所属事務所は「仲の良い友人のひとり」というコメント。だが、井戸田がデートのたびに花束を持ってくる正攻法で距離を縮めていき、安達も結婚を決意した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る