広田レオナ 吹越満との再婚・離婚・再々婚

公開日: 更新日:

 もっとも、広田は離婚して解放されたことで楽になり、吹越とも普通に話せるようになったという。3度目の結婚はしてもいいが、吹越とヨリを戻すことはないとも語っていた広田だが、離婚後に逆に仲がよくなり、仕事で家を空ける時に、吹越が子どもの面倒を見ることも。吹越は復縁のプロポーズを続け、広田の両親が同居できる2世帯住宅を建てた。
 2人は10年ごろから再度同居を始め、この時、長男はすでに成人していて娘のことを考えた広田は2年間の同居を経て、再婚に踏み切った。この時は婿養子ではなく広田が吹越姓に。広田は「吹越さんが“娘命”になってくれたのも大きい」と語っている。

◇1994年12月 2日、オウム真理教による駐車場経営者VX襲撃事件。3日、ソニーが家庭用ゲーム機「プレイステーション」を発売。4日、薬師寺保栄と辰吉丈一郎で日本人同士初の統一王座決定戦。15日、「古都京都の文化財」が世界遺産に。21日、日本テレビに届いた安達祐実宛ての郵便物が爆発。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    「桜疑惑」と検察リーク…ホテル側は口封じされていた

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    小池都知事「GoTo」除外に白旗準備…高まる批判に方針転換

  6. 6

    G菅野「急転残留」の現実味…コロナ、日本S惨敗が不安の種

  7. 7

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  8. 8

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  9. 9

    新型コロナ“入院難民” 6都道府県で1万4000人の衝撃予測

  10. 10

    小金沢昇司に数々の“酒武勇伝”…北島三郎も激怒していた

もっと見る