ルビー・モレノ ドタキャン失踪フィリピン帰国騒動

公開日:  更新日:

■1995年9月

 93年の映画「月はどっちに出ている」で数々の映画賞を総ナメにしたフィリピン出身の女優、ルビー・モレノ。「じゃぱゆきさん」だった過去や娘の障害を衝撃告白、さらにはヘアヌード写真集の発売と注目の存在だったが、ドラマ出演をドタキャンし、フィリピンに失踪するという騒ぎを起こした。95年9月、30歳の時である。

 95年3月ごろから、たびたびフィリピンに帰国するようになったルビーは仕事にも穴をあけるようになった。それが常習化して番組を次々と降板する事態。レギュラーコーナーまで設けてもらった番組でも初日のスタジオ撮影に現れず、共演者を何時間も待たせる騒ぎも起こした。最悪なのは8月末。収録予定だった準主役のドラマでは撮影現場に現れず、監督が激怒。さらには9月下旬の大阪市主催のイベントも無断欠席したと報じられた。この時点で芸能界追放、引退といったウワサも流れるようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る