ルビー・モレノ ドタキャン失踪フィリピン帰国騒動

公開日: 更新日:

■1995年9月

 93年の映画「月はどっちに出ている」で数々の映画賞を総ナメにしたフィリピン出身の女優、ルビー・モレノ。「じゃぱゆきさん」だった過去や娘の障害を衝撃告白、さらにはヘアヌード写真集の発売と注目の存在だったが、ドラマ出演をドタキャンし、フィリピンに失踪するという騒ぎを起こした。95年9月、30歳の時である。

 95年3月ごろから、たびたびフィリピンに帰国するようになったルビーは仕事にも穴をあけるようになった。それが常習化して番組を次々と降板する事態。レギュラーコーナーまで設けてもらった番組でも初日のスタジオ撮影に現れず、共演者を何時間も待たせる騒ぎも起こした。最悪なのは8月末。収録予定だった準主役のドラマでは撮影現場に現れず、監督が激怒。さらには9月下旬の大阪市主催のイベントも無断欠席したと報じられた。この時点で芸能界追放、引退といったウワサも流れるようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る