• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ルビー・モレノ ドタキャン失踪フィリピン帰国騒動

■1995年9月

 93年の映画「月はどっちに出ている」で数々の映画賞を総ナメにしたフィリピン出身の女優、ルビー・モレノ。「じゃぱゆきさん」だった過去や娘の障害を衝撃告白、さらにはヘアヌード写真集の発売と注目の存在だったが、ドラマ出演をドタキャンし、フィリピンに失踪するという騒ぎを起こした。95年9月、30歳の時である。

 95年3月ごろから、たびたびフィリピンに帰国するようになったルビーは仕事にも穴をあけるようになった。それが常習化して番組を次々と降板する事態。レギュラーコーナーまで設けてもらった番組でも初日のスタジオ撮影に現れず、共演者を何時間も待たせる騒ぎも起こした。最悪なのは8月末。収録予定だった準主役のドラマでは撮影現場に現れず、監督が激怒。さらには9月下旬の大阪市主催のイベントも無断欠席したと報じられた。この時点で芸能界追放、引退といったウワサも流れるようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る