松本ちえこ さまざまな憶測を呼んだ不可解な婦人科入院騒動

公開日: 更新日:

■1978年1月

 76年に資生堂「バスボン」のCMでブレークして同年リリースの「恋人試験」のヒットで知られる松本ちえこ。78年1月に産婦人科に緊急入院する騒ぎになった。松本は当時18歳。

 異変が起きたのは77年暮れごろ。ミニが似合っていた松本の下腹部が膨らみ、テレビ出演の際にはマタニティー風の衣装が多くなっていった。週刊誌のカメラマンからは「お腹がせり出している。あれはひょっとして」という証言も出た。関係者の間では、すでに妊娠9カ月という噂まで流れるようになった。

 12月28日、所属事務所が松本の父親に「妊娠しているという噂が流れています。本当かどうか本人に確認してくれませんか」と電話を入れた。

 驚いた父親が問いただすと「妊娠なんかしていない」と否定。だが、11月中ごろから下腹部が張って便秘が続いて尿の出も良くないことも訴えていた。父親が妹のお腹と並べて比べてみると、大きな差はないものの、多少膨らんでいることが確認された。30日夕方、父親は嫌がる松本を知り合いの産婦人科に連れて行った。院長は妊娠ではなく卵巣腫瘍の疑いと診断して松本は年明けにも入院することになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

もっと見る