田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

公開日: 更新日:

 元KAT-TUN田中聖(36)の逮捕前のクズすぎる行動が明らかになってきた。田中は17年に大麻所持で逮捕(後に不起訴)され、今年2月に覚醒剤所持で再逮捕。6月20日に懲役1年8月、執行猶予3年の判決を受け、9日後に再々逮捕と展開の早さに驚いたが、発売中の「週刊文春」によると、2度目の逮捕に至るまで何度も“捜査逃れ”を繰り返していたという。自宅に捜査の手がかかっても逃亡し、2月の逮捕の際も所持品検査を4時間も拒み続け、パトカーが複数台出動する大立ち回りの末、現行犯逮捕に至っている。

 逮捕前に出会った女性には「電話番号を交換するなら20万円」とカネを無心。別の女性にも「コロナでライブが延期になって収入がないから」とメッセージを送るなど、ラブホテルに呼び出しては、肉体関係とカネを要求していた。判決当日の夜も千葉県柏のラブホテルに女性を呼び出し、女性からお祝いとして100万円ほど受け取っていたとも報じられていた。元厚生省麻薬取締官の小林潔氏がこう言う。

■「完全にクスリ主体の思考」

「いかにしてお金を得て、クスリを買うかという、完全にクスリ主体の思考になっている。薬物はセックスの際に最高の媚薬になるし、ファンの女性に声をかければ、お金と体の両方が手に入り、薬物での快楽が満たされる。この悪しきループが途切れないから田中さん自身も反省など考えていないはず。今回の逮捕で服役は確実ですが、刑期を終えても、“薬物をやりたい”という気持ちが強固になるだけで、犯罪を繰り返す可能性は非常に高いでしょう。田中さんに金を払う女性側も口封じのために共犯にさせられ、気づいたら薬漬けになりかねません。以前は自慢の家族だったかもしれませんが、家族ももう縁を切るしかない。そのくらいクスリには人をむしばむ怖さがあるのです」

 ジャニーズブランドを利用して、カネ集めもいとわない田中。ジャニーズ史上最悪の“ダメジャニ”になりそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声