理研・笹井氏の死は他人事ではない 「自殺サイン」を自己診断

公開日: 更新日:

 理研の笹井芳樹副センター長の自殺はサラリーマンにとって他人事ではない。仕事上の悩みなどで、うつ状態になり、死を選ぶ人は少なくないのだ。

 STAP論文への疑惑が持ち上がった3月ごろ、笹井氏はストレスで1カ月入院。「副センター長を辞めたい」と申し出ていたが、問題の検証などのために思いとどまったという。「医療法人社団すずき病院」理事長で精神科医の坂本博子氏はこう分析する。

「笹井氏は36歳で京大の教授になった優秀な人で、責任感も強い。エリートコースを歩み、挫折の経験がないため、論文問題という大きな壁に直面して自ら命を絶った可能性があります。“辞めたい”と申し入れたのは重責から離れて楽になりたいという気持ちの表れ。サラリーマンも注意が必要です。うつ状態の部下などが“異動したい”と言い出したのに放っておいたら、自殺という結果を招きかねません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  5. 5

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  6. 6

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  7. 7

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  8. 8

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

もっと見る