日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

理研・笹井氏自殺 いつまで許される野依理事長の責任逃れ

 あまりに衝撃的だった「STAP細胞」論文の中心人物の自殺。これでますますこの人の責任が問われることになるのではないか。理化学研究所の野依良治理事長(75)である。

 理研が設置した外部有識者による改革委員会は今年6月、小保方氏の“特例採用”や研究内容の囲い込みなど、CDB(発生・再生科学総合研究センター)内の異常な環境が不正の背景にあったと指摘。CDBの解体と竹市雅俊センター長や自殺した笹井副センター長らの更迭を求めた。ところが、理研トップの野依理事長については「ご自分でお考えになると確信している」とお茶を濁した。

 野依氏はノーベル賞受賞者だけに、「どうしても批判しにくい空気がある」(科学ジャーナリスト)という。

■文科省とベタベタ

 だが、日本の科学技術に対する信頼を根本から失墜させるほどの一大不正事件である。ことの重さを一番わかっているのが、世界的な科学者である野依氏ではないのか。それなのに、批判が小保方氏や笹井氏に集中する中、「今の私の仕事は、改革をしっかりやっていくことです」と、第三者然として責任逃れに終始している。野依氏がそうした態度がとれるのは、文科省とのベタベタの関係があるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事