笹井氏も出していたSOS信号 中高年の「自殺の心理」とは

公開日: 更新日:

「次のノーベル賞に一番近い男」と言われてきた理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹副センター長(享年52)が、疑惑と不正まみれの批判の中で自殺した。まさに天国から地獄、驚くしかないニュースだったが、似たことはサラリーマン社会でも多い。組織の業績を上げようと背伸びし過ぎて失敗し、追い詰められて死を選ぶ……。そのときの心理状態はどんなものなのか。兆しはどういう形で表れているのか。自殺予防の専門家である新潟青陵大学大学院の碓井真史教授に聞いてみた。

「40代、50代の中年を人生の四季に例えると、“秋”になるでしょう。多くの人は定年がそろそろ見えてきて、〈俺の人生はこんなものだったのか〉と人生を振り返る人もいる。今の日本の中年、特に中年男性は追い詰められています。昔の中年男性は、職場でも家庭でも尊敬され、居場所がありました。しかし、今は経験があるからといって威張れる時代ではなく、家庭でも肩身の狭い思いを強いられます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る