• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

笹井氏も出していたSOS信号 中高年の「自殺の心理」とは

「次のノーベル賞に一番近い男」と言われてきた理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹副センター長(享年52)が、疑惑と不正まみれの批判の中で自殺した。まさに天国から地獄、驚くしかないニュースだったが、似たことはサラリーマン社会でも多い。組織の業績を上げようと背伸びし過ぎて失敗し、追い詰められて死を選ぶ……。そのときの心理状態はどんなものなのか。兆しはどういう形で表れているのか。自殺予防の専門家である新潟青陵大学大学院の碓井真史教授に聞いてみた。

「40代、50代の中年を人生の四季に例えると、“秋”になるでしょう。多くの人は定年がそろそろ見えてきて、〈俺の人生はこんなものだったのか〉と人生を振り返る人もいる。今の日本の中年、特に中年男性は追い詰められています。昔の中年男性は、職場でも家庭でも尊敬され、居場所がありました。しかし、今は経験があるからといって威張れる時代ではなく、家庭でも肩身の狭い思いを強いられます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る