「カゴメトマトケチャップ」がメニュー提案に活路見出す理由

公開日: 更新日:

 西洋発祥ながら日本独自の進化を遂げた商品はいろいろある。「カゴメトマトケチャップ」もそのひとつ。1908年に家庭用トマトケチャップとして誕生以来100余年、断トツのシェアで市場をリードする。

 人気の理由は「独特な風味を持つ、日本人に愛される味わい」だ。トマトケチャップを使った料理といえば飲食店でしか食べられなかった時代に商品化。一番苦労したのは香辛料の配合だという。

「本場アメリカの味では日本人になじみにくい。かといって、和風の味ではトマトケチャップではなくなってしまうため、香辛料など原材料を工夫した」(広報グループ主任の仲村亮氏=写真)

 日本人による日本人のためのトマトケチャップは、洋食の大衆化が進んだ大正時代を経て、昭和に入って大ブレーク。オムライスやナポリタンなど日本独自の洋食メニューが定番化し、一般家庭にも広まったことが勝因だ。加えて容器の進化。66年、世界初のプラスチックチューブを採用すると人気はさらに拡大した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  3. 3

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    大鹿理財局長の「何をもって虚偽とするか」発言に唖然呆然

  7. 7

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  8. 8

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  9. 9

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る