「カゴメトマトケチャップ」がメニュー提案に活路見出す理由

公開日:  更新日:

 西洋発祥ながら日本独自の進化を遂げた商品はいろいろある。「カゴメトマトケチャップ」もそのひとつ。1908年に家庭用トマトケチャップとして誕生以来100余年、断トツのシェアで市場をリードする。

 人気の理由は「独特な風味を持つ、日本人に愛される味わい」だ。トマトケチャップを使った料理といえば飲食店でしか食べられなかった時代に商品化。一番苦労したのは香辛料の配合だという。

「本場アメリカの味では日本人になじみにくい。かといって、和風の味ではトマトケチャップではなくなってしまうため、香辛料など原材料を工夫した」(広報グループ主任の仲村亮氏=写真)

 日本人による日本人のためのトマトケチャップは、洋食の大衆化が進んだ大正時代を経て、昭和に入って大ブレーク。オムライスやナポリタンなど日本独自の洋食メニューが定番化し、一般家庭にも広まったことが勝因だ。加えて容器の進化。66年、世界初のプラスチックチューブを採用すると人気はさらに拡大した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る