生まれ変わった「淡麗極上〈生〉」はコクとキレが大幅アップ

公開日: 更新日:

 1998年の発売以来、圧倒的強さで市場をリードしてきた発泡酒のトップブランド「麒麟淡麗〈生〉」が今春、18年目にして初のフルリニューアルを実施。「淡麗極上〈生〉」となって、勢いづいている。

 淡麗は98年、キリンビール初の発泡酒として誕生した。大手としては3番手の参入ながら、“ビールに負けないうまさ”がウケて、またたく間にシェアトップに躍り出た。

「キリンが発泡酒を出すという消費者の期待。その期待を上回った味覚を実現できたのが成功要因だと思う」(マーケティング部の西垣一成氏)

 そもそもビールに比べ酒税率の低い発泡酒は、安さをウリに販売数を伸ばす一方、麦芽使用率の関係で、ビールに比べると味が劣るとされた。要は安さ優先的な扱いだったのだが、うまくて安い淡麗のヒットで市場が活性化。一気にメジャーなカテゴリーとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  2. 2

    「桜疑惑」と検察リーク…ホテル側は口封じされていた

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    小池都知事「GoTo」除外に白旗準備…高まる批判に方針転換

  6. 6

    G菅野「急転残留」の現実味…コロナ、日本S惨敗が不安の種

  7. 7

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  8. 8

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  9. 9

    小金沢昇司に数々の“酒武勇伝”…北島三郎も激怒していた

  10. 10

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

もっと見る