• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

閉じた裏が平らに マックスのホチキス生んだユーザーの声

 マックスは、言わずと知れたホチキス(JIS規格ではステープラ)のトップメーカーだ。現在、市場の主流であるハンディータイプの10号ホチキスのシェアは70%以上。本体だけでなく、金属針「マックス針」でも国内トップシェアを誇る。

 マックスがホチキスの生産を始めたのは1946年、前身の山田興業時代のこと。卓上型の3号ホチキス(号数は金属針のサイズ)から品揃えを進め、52年、国産初となるハンディータイプのホチキス「シック・10」を発売する。小型・軽量の10号ホチキスは急速に普及。そして54年、社名変更により商品名を「マックス・10」(73年からは「HD-10」)に改めると認知度はさらに高まって、またたく間に「マックス」はホチキスの代名詞的存在となった。以来、“使う人が満足するモノづくり”にこだわり、消費者の声をカタチにしてきた。注目すべきは技術。従来の半分の力でとじられる「軽とじ機構」(78年)と、世界初となる「フラットクリンチ機構」(87年)の開発は大きな転機となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る