閉じた裏が平らに マックスのホチキス生んだユーザーの声

公開日: 更新日:

 マックスは、言わずと知れたホチキス(JIS規格ではステープラ)のトップメーカーだ。現在、市場の主流であるハンディータイプの10号ホチキスのシェアは70%以上。本体だけでなく、金属針「マックス針」でも国内トップシェアを誇る。

 マックスがホチキスの生産を始めたのは1946年、前身の山田興業時代のこと。卓上型の3号ホチキス(号数は金属針のサイズ)から品揃えを進め、52年、国産初となるハンディータイプのホチキス「シック・10」を発売する。小型・軽量の10号ホチキスは急速に普及。そして54年、社名変更により商品名を「マックス・10」(73年からは「HD-10」)に改めると認知度はさらに高まって、またたく間に「マックス」はホチキスの代名詞的存在となった。以来、“使う人が満足するモノづくり”にこだわり、消費者の声をカタチにしてきた。注目すべきは技術。従来の半分の力でとじられる「軽とじ機構」(78年)と、世界初となる「フラットクリンチ機構」(87年)の開発は大きな転機となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る