閉じた裏が平らに マックスのホチキス生んだユーザーの声

公開日: 更新日:

 マックスは、言わずと知れたホチキス(JIS規格ではステープラ)のトップメーカーだ。現在、市場の主流であるハンディータイプの10号ホチキスのシェアは70%以上。本体だけでなく、金属針「マックス針」でも国内トップシェアを誇る。

 マックスがホチキスの生産を始めたのは1946年、前身の山田興業時代のこと。卓上型の3号ホチキス(号数は金属針のサイズ)から品揃えを進め、52年、国産初となるハンディータイプのホチキス「シック・10」を発売する。小型・軽量の10号ホチキスは急速に普及。そして54年、社名変更により商品名を「マックス・10」(73年からは「HD-10」)に改めると認知度はさらに高まって、またたく間に「マックス」はホチキスの代名詞的存在となった。以来、“使う人が満足するモノづくり”にこだわり、消費者の声をカタチにしてきた。注目すべきは技術。従来の半分の力でとじられる「軽とじ機構」(78年)と、世界初となる「フラットクリンチ機構」(87年)の開発は大きな転機となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  6. 6

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  7. 7

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  10. 10

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る