ブーム追い風 老舗「マイクポップコーン」新戦略でファン拡大

公開日: 更新日:

 ジャパンフリトレーの「マイクポップコーン」は日本を代表するポップコーンブランドだ。近年は、2012年に始めたブランド戦略が奏功し販売好調。グルメポップコーン人気による市場拡大も追い風に前年比アップが続いている。

「マイクポップコーン」は1957年、日本初の袋入りポップコーンとして誕生した。当初は遊園地や映画館などで販売をはじめたことから、本場アメリカ同様「レジャーとポップコーン」という食ライフで認知が広まった。70年代以降はスーパーなど販路も拡充。お菓子の定番アイテムとして人気が定着すると、83年には、看板商品となる「バターしょうゆ味」を発売。日本人が好きな香ばしい香りとバターのコク、しょうゆのしょっぱい味付けは大反響で、たちまちヒット商品となった。以来、圧倒的強さで市場をリードするが、一方で競争が少ないゆえの伸び悩み。そこで12年、原点に立ち返ってのブランド戦略をスタートする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  8. 8

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  9. 9

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  10. 10

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る