ブーム追い風 老舗「マイクポップコーン」新戦略でファン拡大

公開日:  更新日:

 ジャパンフリトレーの「マイクポップコーン」は日本を代表するポップコーンブランドだ。近年は、2012年に始めたブランド戦略が奏功し販売好調。グルメポップコーン人気による市場拡大も追い風に前年比アップが続いている。

「マイクポップコーン」は1957年、日本初の袋入りポップコーンとして誕生した。当初は遊園地や映画館などで販売をはじめたことから、本場アメリカ同様「レジャーとポップコーン」という食ライフで認知が広まった。70年代以降はスーパーなど販路も拡充。お菓子の定番アイテムとして人気が定着すると、83年には、看板商品となる「バターしょうゆ味」を発売。日本人が好きな香ばしい香りとバターのコク、しょうゆのしょっぱい味付けは大反響で、たちまちヒット商品となった。以来、圧倒的強さで市場をリードするが、一方で競争が少ないゆえの伸び悩み。そこで12年、原点に立ち返ってのブランド戦略をスタートする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る