ブーム追い風 老舗「マイクポップコーン」新戦略でファン拡大

公開日: 更新日:

 ジャパンフリトレーの「マイクポップコーン」は日本を代表するポップコーンブランドだ。近年は、2012年に始めたブランド戦略が奏功し販売好調。グルメポップコーン人気による市場拡大も追い風に前年比アップが続いている。

「マイクポップコーン」は1957年、日本初の袋入りポップコーンとして誕生した。当初は遊園地や映画館などで販売をはじめたことから、本場アメリカ同様「レジャーとポップコーン」という食ライフで認知が広まった。70年代以降はスーパーなど販路も拡充。お菓子の定番アイテムとして人気が定着すると、83年には、看板商品となる「バターしょうゆ味」を発売。日本人が好きな香ばしい香りとバターのコク、しょうゆのしょっぱい味付けは大反響で、たちまちヒット商品となった。以来、圧倒的強さで市場をリードするが、一方で競争が少ないゆえの伸び悩み。そこで12年、原点に立ち返ってのブランド戦略をスタートする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る