花王「ディープクリーン」は歯茎の悩みを明るくアピール

公開日: 更新日:

 花王が展開する、歯茎のためのケアブランド「ディープクリーン」が売れている。2010年の発売以来、拡大する歯槽膿漏対策市場においてシェアを伸ばし、14年には10年比2.5倍以上に成長。今年3月発売の新商品(ハミガキ、ハブラシ)も絶好調で、歯槽膿漏関連オーラルケア商品の領域でシェアナンバーワンを獲得した。

 大きく伸びたのは一昨年のリニューアルがきっかけだ。当初は歯周ケア意識が高まる40代、50代に向けた提案だったが、思うように響かない。そこで13年春、50代、60代以上の、まさに歯茎の悩みが深刻化する世代に向け、ブランドを刷新した。

「歯茎の悩みはネガティブにとらえられがちだが、本来、歯茎ケアのモチベーションは『食べ物をおいしく食べたい』という思いなど前向きなもの。であれば、もっとポジティブに提案すべきと考え(パッケージもCMも)すべて明るいトーンのコミュニケーションに変えた」(パーソナルヘルス事業グループの巴里暢宏氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  4. 4

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る