花王「ディープクリーン」は歯茎の悩みを明るくアピール

公開日: 更新日:

 花王が展開する、歯茎のためのケアブランド「ディープクリーン」が売れている。2010年の発売以来、拡大する歯槽膿漏対策市場においてシェアを伸ばし、14年には10年比2.5倍以上に成長。今年3月発売の新商品(ハミガキ、ハブラシ)も絶好調で、歯槽膿漏関連オーラルケア商品の領域でシェアナンバーワンを獲得した。

 大きく伸びたのは一昨年のリニューアルがきっかけだ。当初は歯周ケア意識が高まる40代、50代に向けた提案だったが、思うように響かない。そこで13年春、50代、60代以上の、まさに歯茎の悩みが深刻化する世代に向け、ブランドを刷新した。

「歯茎の悩みはネガティブにとらえられがちだが、本来、歯茎ケアのモチベーションは『食べ物をおいしく食べたい』という思いなど前向きなもの。であれば、もっとポジティブに提案すべきと考え(パッケージもCMも)すべて明るいトーンのコミュニケーションに変えた」(パーソナルヘルス事業グループの巴里暢宏氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

もっと見る