花王「ディープクリーン」は歯茎の悩みを明るくアピール

公開日:  更新日:

 花王が展開する、歯茎のためのケアブランド「ディープクリーン」が売れている。2010年の発売以来、拡大する歯槽膿漏対策市場においてシェアを伸ばし、14年には10年比2.5倍以上に成長。今年3月発売の新商品(ハミガキ、ハブラシ)も絶好調で、歯槽膿漏関連オーラルケア商品の領域でシェアナンバーワンを獲得した。

 大きく伸びたのは一昨年のリニューアルがきっかけだ。当初は歯周ケア意識が高まる40代、50代に向けた提案だったが、思うように響かない。そこで13年春、50代、60代以上の、まさに歯茎の悩みが深刻化する世代に向け、ブランドを刷新した。

「歯茎の悩みはネガティブにとらえられがちだが、本来、歯茎ケアのモチベーションは『食べ物をおいしく食べたい』という思いなど前向きなもの。であれば、もっとポジティブに提案すべきと考え(パッケージもCMも)すべて明るいトーンのコミュニケーションに変えた」(パーソナルヘルス事業グループの巴里暢宏氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る