今夏にも流通“野放し”「ゲノム編集食品」日本での安全性は

公開日: 更新日:

 安全かどうか、誰も分からないゲノム編集食品が、知らないうちに口に――。今夏からそんな事態になりかねない。表示義務のある遺伝子組み換え食品と異なり、ゲノム編集食品を示す表示が全くされない可能性があるのだ。

 ゲノム編集は遺伝子組み換えのように「魚の遺伝子をトマトに」など、異種の遺伝子を組み込むことも技術的には可能だが、食品の品種改良では、遺伝子の一部を壊すことで新たな特性を持たせる使われ方が主流だ。筋肉ムキムキのマダイや血圧を下げるトマトなどの研究が進んでいる。

 厚労省の専門部会は3月18日、異種の遺伝子を導入せず、遺伝子を切断する手法を使ったゲノム編集食品について、厳格な安全性審査を求めず、届け出で販売できるとする報告書をまとめた。今夏にも運用を始め、ゲノム編集食品が流通する見通しだ。

 生態系への影響をケアする環境省は、すでに情報提供を求めるだけのザル規制を決めている。食の安全を担当する厚労省の届け出もほとんど規制とはいえない。欧州では、ゲノム編集食品も、遺伝子組み換え食品並みの規制をする方向だが、日本は疑わしきは“野放し”なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  2. 2

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  3. 3

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    他国と何が違う? 政府の中途半端な方針が生んだ感染爆発

  7. 7

    民主党政権にも及ばなかった「戦後最長の景気拡大」の嘘

  8. 8

    たけしに欽ちゃんも…コロナが蝕む大御所芸人のメンタル

  9. 9

    レバノンがゴーンを引き渡す日…経済危機とコロナで混迷

  10. 10

    ヤラセ寸劇会見でお茶を濁す安倍首相に「最後のお願い」

もっと見る