今夏にも流通“野放し”「ゲノム編集食品」日本での安全性は

公開日: 更新日:

 安全かどうか、誰も分からないゲノム編集食品が、知らないうちに口に――。今夏からそんな事態になりかねない。表示義務のある遺伝子組み換え食品と異なり、ゲノム編集食品を示す表示が全くされない可能性があるのだ。

 ゲノム編集は遺伝子組み換えのように「魚の遺伝子をトマトに」など、異種の遺伝子を組み込むことも技術的には可能だが、食品の品種改良では、遺伝子の一部を壊すことで新たな特性を持たせる使われ方が主流だ。筋肉ムキムキのマダイや血圧を下げるトマトなどの研究が進んでいる。

 厚労省の専門部会は3月18日、異種の遺伝子を導入せず、遺伝子を切断する手法を使ったゲノム編集食品について、厳格な安全性審査を求めず、届け出で販売できるとする報告書をまとめた。今夏にも運用を始め、ゲノム編集食品が流通する見通しだ。

 生態系への影響をケアする環境省は、すでに情報提供を求めるだけのザル規制を決めている。食の安全を担当する厚労省の届け出もほとんど規制とはいえない。欧州では、ゲノム編集食品も、遺伝子組み換え食品並みの規制をする方向だが、日本は疑わしきは“野放し”なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  2. 2

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

  3. 3

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  4. 4

    “好きなジャニーズ2019”山田涼介1位 進む世代交代の行方

  5. 5

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  6. 6

    家賃収入4000万円 “ママチャリ大家”の不動産投資人生<前>

  7. 7

    コウキに続け 花盛りの2世タレントで令和ブレークするのは

  8. 8

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  9. 9

    “おっぱい”丸山氏 次は“出所不明”300万円超の政治資金疑惑

  10. 10

    衝撃の調査結果で再燃 JUMP山田涼介&中島裕翔の不仲説

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る