大雪被害の死者16人に…政府調査団、ようやく現地を視察

公開日: 更新日:

 歴史的な大雪なのに政府の腰は重かった。

 これまでに死者は全国8県で計16人に上る。ところが、古屋圭司防災担当相が大雪対応のための関係省庁災害対策会議を開いたのは16日午後1時だ。この時点で、すでに群馬県高崎市や福島県福島市など複数の自治体から自衛隊に派遣要請が出ていた状況を考えると、あまりに遅すぎる。

 政府調査団は17日午後、観測史上最多の積雪を記録した山梨県甲府市などをヘリで上空から視察するが、住民らは「もっと早く来い」と怒り心頭に違いない。

 防災担当大臣も呆れるが、それ以上にノンキなのが安倍首相だ。16日は午前中を都内の私邸で過ごし、夜は赤坂のてんぷら料理店「楽亭」で高級料理に舌鼓を打っていたのだ。こんな男に国民の生命、財産が守れるはずもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  2. 2

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  3. 3

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  4. 4

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    【Q】このまま一生、女性と縁のない人生に耐えられない

  7. 7

    予算1.7兆円 安倍政権“Go To キャンペーン”強行に非難殺到

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  10. 10

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

もっと見る