憎悪の連鎖で泥沼化 ヨルダン国王は根っからの「軍人気質」

公開日:  更新日:

 人質となったパイロットのショッキングな焼殺映像の公開を受け、直ちにイスラム国が釈放を求めた死刑囚の死刑を執行したヨルダン政府。この報復行為で「憎悪の連鎖」に一歩踏み込んだヨルダンのアブドラ国王(53)は、もともと好戦的な人物として知られる。

「1999年に即位するまでイラクとの国境付近で治安部隊を率い、密輸取り締まりに全力を注いでいました。根っからの『軍人肌』で、もともと、国王になる気などさらさらなかったそうです」(現地記者)

 62年、首都アンマン生まれ。4歳で渡英し、英オックスフォード大で国際問題を専攻した。81年には、第2次大戦を主導したチャーチル首相を輩出した「サンドハースト王立陸軍士官学校」を卒業。帰国後の94年、現地の治安担当の特殊部隊司令官に就任し、98年には少将に昇格と、トントン拍子で軍人人生を突き進んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る