国内テロの標的は…“ローンウルフ”が真っ先に狙う観光バス

公開日:  更新日:

「アベ、おまえの国民を場所を問わずに殺戮する。日本にとっての悪夢が始まる」――。世界に散らばっている“仲間”たちに日本を狙った無差別テロを呼びかけた「イスラム国」。今後、日本国内でも、いついかなる場所でテロが起きても不思議ではない。では狙われやすい施設はどこなのか。

 2日、シリアの首都ダマスカスで観光バスを狙った爆弾テロが発生。乗客は皆、レバノン人で29人が死傷した。イスラム過激派のメンバーの1人が乗客に紛れて自爆、親米国家のレバノン人を狙い撃ちにしたのだ。

 昨年2月にはエジプトのシナイ半島で、イスラム国に忠誠を誓う過激派が観光バスを爆破し、韓国人観光客ら4人が死亡した。エジプトでは1997年にも日本人観光客10人を含む148人が死傷した「ルクソール事件」が発生。この時も過激派は観光バスを襲った。最近も観光バスがやたらに狙われるのは「テロのトレンド」と無縁ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る