不倫ストーカー疑惑で自民離党 中川俊直議員に飛び交う噂

公開日:

「自殺未遂を起こしたらしい」「いや、錯乱状態で手が付けられず病院に運ばれたようだ」――。21日の昼前、永田町では不穏な情報が錯綜していた。話題の主は、自民党の中川俊直衆院議員(46)。発売中の「週刊新潮」に、妻以外の女性とハワイで“重婚ウエディング”を挙げ、不倫トラブルから警視庁に「ストーカー登録」されたと報じられた。18日に経産政務官を辞任してから、公の場に出てきていない。

 安倍首相の昭恵夫人にならったのか、フェイスブックで謝罪し、重婚やストーカー登録については否定したが、国会にも姿を現さず、雲隠れしていた。

「所属派閥の清和会は21日中に本人から離党届を出させ、形ばかりの謝罪会見をやらせて週内に事態の収拾を図る予定でした。ところが、本人が会見で矢面に立つのを嫌がり、清和会としても変なことを口走るのではないかという心配もあって、会見の見送りを容認。中川は都内のホテルに潜伏していたのですが、念のため有名病院に入院することになった。その間に中川の事務所から離党届が提出されたと聞いています」(清和会関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る