平昌五輪乗っ取り 韓国籠絡させたモランボン楽団長の正体

公開日: 更新日:

 すっかり北朝鮮ペースだ。平昌五輪への北朝鮮代表団派遣をめぐる南北実務協議がきのう(15日)、軍事境界線がある板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で開かれたが、韓国が呼び掛けた次官級協議は見送り。代表団のうち芸術団派遣協議を先行させたい北朝鮮の求めで局長級交渉が行われ、「サムジヨン管弦楽団」など140人ほどの芸術団の派遣と、ソウルや江陵での公演で合意した。

 そこで注目されたのが、テーブルについた紅一点、北朝鮮代表団の玄松月氏だ。金正恩委員長肝いりのガールズグループ「モランボン楽団」の団長である。

「ポチョンポ電子楽団やウナス管弦楽団で活躍し、国民的歌手として知られる彼女は金正恩の元愛人といわれ、同じウナス出身の李雪主夫人の先輩にあたります。2013年にポルノ頒布の疑いで銃殺されたとの情報が流れましたが、14年に表舞台に復帰し、ドタキャンしたモランボンの北京公演も率いていました」(外交関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る